お問い合わせ
201712/18

日本内視鏡外科学会総会に企業出展しました

12月7日(木)~12月9日(土)まで国立京都国際会館で催された日本内視鏡外科学会総会に企業出展しました。
その際に群大・龍城先生が「水流を用いた新規内視鏡先端洗浄デバイスの開発」の演題でスプラッシュクリンを取り上げ発表いたしました。
弊社ブースにも約100名の来客がありました。

 

 

 

【内視鏡用レンズ洗浄具:スプラッシュクリン】
ワンステップで洗浄・乾燥を完了。
スコープの先端を5mLのお湯で5秒で高速流水洗浄・乾燥します。
スコープが体外に出ている時間は10秒以内。

■本器の機能・適用
本品の使用目的は「レンズに付着した血液や異物を除去するために、水をレンズ端面に誘導する器具」である。
【汚れを擦らない】【高速流水で洗浄】【ワンステップで洗浄・乾燥】という特徴がある。

■作動原理
滅菌済み生理食塩水を充填した5mLシリンジを本品に差し込み、シリンジのプランジャーを押し込み、水を流し込む。 流入した水が、洗浄孔に挿入された内視鏡のレンズ面の洗浄を行う。
洗浄に使用された水は、汚れと共に、L字コネクタを経由して真空吸引器側へ排出される。

スプラッシュクリン詳細はこちら

 

 

ニュース一覧にもどる